日本国内のベラジョンカジノの利用者に逮捕者はいるのか

ベラジョンカジノに登録する際には、ゲームをプレーするにあたって逮捕されることはあるのかどうかは大変に気になるところです。日本では刑法とよばれる法律の中に賭博罪と呼ばれる規定があり、法律で認められているもの(公営競技)以外で賭博をすると罪に問われます。テレビや新聞などで違法カジノ店の摘発に関するニュースを何度か目にしたことがある人は多いでしょうが、この摘発の法的根拠となっているのが刑法の賭博罪になります。

裁判でこの罪が認定されると、50万円以下の罰金又は科料に処されるほか、就いている職種によってはその後の仕事にも影響が及ぶことがあるため、逮捕者が出ているかどうかは調べておきたいところです。結論から述べると、2019年11月の時点では日本国内からベラジョンカジノに登録した人からは逮捕者が出ていません。しかし、これは今後逮捕者が出ないことを意味しているわけではないことに注意が必要です。過去に、他のオンラインカジノサイトの利用者が賭博罪で逮捕される事件が起きており、利用状況次第ではいつ警察官が逮捕をしに来てもおかしくありません。

しかし、このオンラインカジノ利用者の逮捕事案では、1人が略式起訴を受け入れず正式な裁判を選択したことで検察が不起訴の判断を下しており、仮に警察に捕まったとしても詳しい弁護士に代理人についてもらうことができれば裁判を免れ、前科がつくこともなくなります。日本では報道やテレビドラマなどの影響で警察に捕まることに対してネガティブなイメージを持たれがちですが、本来逮捕は逃亡や証拠隠滅のおそれがある者を拘束する手段でしかなく、捕まることによって有罪が確定するわけではありません。