ベラジョンカジノではイカサマが一切無いといえる理由

競馬や競輪などの公営ギャンブルで馬券や車券をよく買う人の中には、自分の想定したようなレース展開にならずに外れてしまう状況があまりにも続くと「イカサマをしているのではないか」と考えるようになる人が少なくありませんが、これはベラジョンカジノで負けがこんでいるときにも起こり得ます。しかし、ちょっとでも冷静になって考え直せばわかることではありますが、ベラジョンカジノではイカサマは一切無く、法的にもやりようがありません。

万が一ベラジョンカジノでイカサマが行われていることが発覚すれば、運営会社はライセンスを強制的に無効にされ、ユーザーからの信頼も大きく失い、オンラインカジノの運営ができなくなるでしょう。ベラジョンカジノは、マルタ共和国に本社を構える企業が同国政府からライセンスの交付を受けた上で運営されています。

ライセンスの審査は国内に設置されている専門機関が行っており、申請した企業の経歴・経営状況やサイトの運営計画といった内容だけでなく、サイト上で使用するソフトウェアに運営側があからさまに有利になるような仕組みが組み込まれていないかのチェックも厳格に行われます。

特にマルタ共和国の審査は他国より厳格といわれており、ゲームにわずかでも公平性・公正性に欠ける部分があると発行が認められず、無事審査を通過してライセンスの交付を受けた後も有効期間が終了するまで政府からの厳しい監督を受けることになります。ベラジョンカジノが今日まで運営できているのは、マルタ共和国の機関が法令に基づいて行っている厳しい審査を何度も通過してきていることの証であり、サイト内で動いているスロットやルーレットなどのゲームはすべて公平・公正です。